自分って信頼されてない? 相談されない人の7つの特徴

相談に乗るとき、

「喜んでもらえるようにアドバイスしなきゃ!!」

と意気込んでしまっていませんか?

 

誰しも人から相談されたら嬉しいですよね。

「相談乗ってくれてありがとう!」
「君に話してよかった」
「すっきりした!」

そんな感想を聞きたくて
一生懸命相談に乗った経験ないですか?

誰しも頼られたら嬉しいのに、

世の中には
相談される人と
相談されない人がいるのはなぜでしょう?

今回はそんな「相談したくないな」
と思われないために
注意したいポイントをご紹介します。

 

相談したくない人 7つの特徴

それがこちらになります。

①しゃべりすぎ
②聴いてない
③質問しない
④掘り下げない
⑤相手の気持ちへの共感がない
⑥否定的
⑦上から目線

上記7つを順に説明していきます。

 

①しゃべり過ぎ

相談されてるときに役に立ちたいあまりに、
ずっと話をし続ける人がいます。

しかし、相談の基本は聴くことです。
その基本がわかっていない人が陥りがちです。

どんなアドバイスも相手の受け取る準備が
できていないと届きません。

話す・聴くのバランスは2:8
まずは聴くことから始めましょう。

 

②聴いてない

これも喋りすぎの人と近いのですが、
「聞いてるけど、聴いてない」
という状態の人です。

もう少し詳しく説明すると
「頷いてるけど、話は頭に入ってない」
ということです。

例えばこんなときに陥りがちです。

「他ごとを考えていて、
相手の話に集中できていない。」

「言いたいことが出てきたので、
それ以降は話を聴けていない。」

自分が言いたいことを言うのではなく、
相手が伝えたいことを聴く、
理解するのが大切です。

 

③相手に質問しない

これは表面的な部分だけで
アドバイスしようとする人に多く見られます。

問題の真因はそんな表面にはありません。

きちんと丁寧に表面から内側に入っていって、
相手に何があって、
何を感じ、
今何に困っているのか
きちんと理解するには、質問は必須です。

 

④掘り下げない

これも質問しないに近いのですが、
質問が次から次に違う内容に変わる
と言うことです。

「どこ住んでるの?」
「今日何してた?」
「恋人はいるの?」
「趣味は何?」
「大学はどこでてるの?」

といった具合に矢継ぎ早に質問するのは違います。

会話が深まることがなく、
常に表面的な会話になります。

結局これも表面だけの話になるので
相談した側はイマイチ満足できません。

掘り下げる質問というのは

「どこ住んでるの?」
「なんでこそ選んだの?」
「自然多いところが好きなんだ?」
「じゃあ山とか行くの好き?」
「キャンプのどんなところに楽しさ感じるの?」

と、一つの話題から相手の思考や価値観を話してもらう質問を言います。

相談されるときにも相手の思考感情を掘り下げて質問し、話してもらうことが大切です。

 

⑤相手の気持ちへの共感がない

話されたことに対して、
「ごもっとも」な意見(正論)を言うことが
正解とは限りません

相談するときにはそれ相応の痛みや苦しみを
抱えながら話してくれることも多々あります。

欲しいのはアドバイスではなく
「共感」であることも多々あります。

その相手の気持ちをきちんと理解して、
言葉を選ぶことも大切なのです。

 

⑥否定的

勝ち負けの意識の強くなっている時や、
親から子供に対してなど、
上下の関係ができてしまっている時に起きがちです。

せっかく勇気を持って打ち明けたのに、
傷つけられた経験、ありませんか?

相手を無意識に下に見て、
「注意してやろう」という気持ちがあると
相手を傷つけてしまう可能性があります。

大切なのは「受容」の姿勢です。

相談相手を論破し、倒そうとしている人は好かれません。

 

⑦上から目線

どれだけいいアドバイスをしていても
それを「聞きたくない」って思うこと
ありませんか?

せっかくいいことを言っていても
その人の人柄が好きになれないと
アドバイスも聞きたくありません。

何を言うかも大切ですが、
誰に言われるかも大切なのです。

普段のコミュニケーションの取り方が悪いと、
相手の心に届きません。

これらの特徴を持つ人の共有点

「相手の気持ちを理解しようとする姿勢が足りない」

結論はこれです。

相談に乗ることで、
「自分のが優位に立ちたい」
「すごいと思われたい」
「早く感謝されたい」
という気持ちが湧いてくることはありませんか?

まさに承認欲求

犯人はこいつです。笑

どうしたら解決できる?

「満たしたいのは相手の心か自分の心か」

相手は辛くて困っているから相談します。

その相手に否定の言葉や、自分の価値観の押し付けをするということは
傷口に塩を塗るようなものです。

自分に不快な思いをさせる人をあなたは好きになりますか?

もちろんそれが必要な時もあると思いますが、
後々感謝される可能性はあってもその瞬間好きになってもらえることはないでしょう。

どれだけ相手のことを思ってアドバイスをしても
「この人は私のこと全然わかってないな」
と思うだけです。

アドバイスをして満たしたいのは
相手の心か?それとも自分の心か?

ここを意識するだけでスタンスが変わります。

もしあなたがこの特徴に当てはまっていると感じるなら、
「満たしたいのは誰の心か」
と普段から問いかけるのを意識してみてください。

相手の反応が変わるのが実感できると思います。

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です