「印象を左右する」スピーチをするときの表情の作り方

大人の学校

「人前で話すと表情が硬くなってしまう」
「緊張してもにこやかに話したい」
「表情豊かに相手に伝わるプレゼンをしたい」

そんな思いはないでしょうか

プレゼンをする時超常の力は大変重要です。

表情をコントロールするスキルを身につけて、プレゼンができるようになりましょう。

表情の重要性


メラビアンの法則をしているでしょうか

メラビアンの法則とは1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念で、話し手が聞き手に与える影響を、研究と実験に基づいて数値化したものです。

人の印象を左右するのは

視覚情報 55%
聴覚情報 38%
言語情報 7%

という割合になっています。

この数値を意識してプレゼンやスピーチに望むことは大変重要です。

準備する時にこの割合で準備をしたことはありますでしょうか?

何を話すかよりも、表情や声色の方が印象に残る

スピーチをする時に、「何を話すか」に多くの人が頭を悩ませる一方で、本当に来ての印象に残るのは表情や声色なのです。

あなたは話す時の表情やジェスチャー、自分がどんな話し方どんな声で話しているかを確認したり、練習したりすることに時間をかけているでしょうか?

自分の表情を確認する


話すときに自分がどんな表情をしているかを確認することが大切です。

①鏡を見る
②動画で録画する

こういった方法で、話す時の表情、どんな笑い方をしているか、こんな感情の時にどんな顔をしているかなどを確認してみましょう。

スピーチやプレゼンをする時に、相手にどんな印象を与えたいかそれをイメージしてそれと表情にずれがないよう意識して練習してみましょう

顔の筋肉をゆるめる

分かっていても人前でスピーチをする時は緊張して表情が硬くなってしまいます。

スピーチをする前に顔を強張らせたり、全力で笑顔を作ったり、口を窄めてみたりして顔の筋肉を緩ませましょう。

それだけでも表情が随分柔らかくなります。

感情と表情を一致させる

スピーチをする時に大切なのが、感情と表情を一致させるさせることです。

悲しい話をしている時に笑顔だったら違和感がありますよね、

嬉しい話をしているのに表情がこわばっていたら嬉しそうに感じないですよね

それと同じように表情と感情を一致させることが大切です。

目線や顔の向き


また話している内容によって、目線がどこにあるかということも重要です。

過去を思い出して話す

過去思い出し話す時は目線は下です。
お客さんの目を見ながら話すというよりは、お客さんからは目を外し自然な形で下を向きながら話すとお客さんも自然にその話に入り込みやすくなります。

自分の考えや思いを話す

飲みながら話しましょう。キョロキョロ目を動かしながらというよりは、3秒から5秒ぐらい一人の人をじっくりと見つめながら思いを込めて話しましょう。

目がせわしなく動いていると、落ち着きのない印象を与え、弱々しい印象を与えます。

未来やビジョンを話す時

視線をやや上にして話す。
未来を想像しているような印象を与え、できてもそんな美女に思いを馳せやすくなります。

スピーチをするときに大切な今日のお話をさせていただきました。

テクニックについてもお話しさせていただきましたが、一番大切なのはお客さんの気持ちを考えながら準備をすることです。

本気で相手のためを思い、メッセージに感情を込めて話す。

これが一番大切です。

うまく流暢に話すことよりも、緊張しても声が震えても、本気の想いを込めて一生懸命話すことが最高のスピーチに繋がります。

素敵な会になるよう、応援しています。

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です