普通の会社員が起業してお金を稼ぐにはどうしたらいい?

人から喜ばれるいい商品、サービスさえ提供すればビジネスは上手くいくと思っていませんか?

いい商品があるだけではビジネスは上手くいきません。

こんな思いを持っている方にこの記事はオススメです。

「会社を辞めて自分で仕事をしたい」

「好きなことでお金を稼ぎたい」

「会社のやり方に縛られず自由な働き方がしたい」

僕自身これらの思いを抱いていました。

そんな僕は2016年まで普通の会社員でした。
(むしろ普通よりちょっと評価が低い)

退職して2年で自分の好きなことで月収100万円を達成することができました。

それまでの過程で大切だとわかったポイントをまとめました。

起業して稼ぐための大切な3つの要素

①商品力

②営業力

③発信力

この3つが揃っていて初めて上手く回るようになります。

もう少し具体的に説明していきます。

①お客さんを喜ばせる商品

まず初めは商品です。

商品がないおかげで起業できずにいる会社員はたくさんいます。

どれだけ優秀な営業マンでも、簡単に起業しないのは会社を辞めたら扱う商品がなくなって稼げなくなってしまうからです。

商品やサービスを作る力があることで、一気に人生の選択肢が増えます。

あとはどれだけお客さんのニーズを満たせるか?

という質の部分になります。

自分が持っている力に気づいたり、

自分の技術や能力を磨き高めることで

質を高めることができるようになります。

②商品の価値を伝え、購入させる営業力

逆に起業して、

いい商品、いい腕なのに

稼げないでいる人は

営業力がないからです。

ちゃんとお客さんに

メリットやストーリー、

情熱を伝え、

価値を感じてもらい、

問題が解決できる未来が

描けなければ商品は売れません。

また、お客さんが商品に対して

「いいな」と思っている時に

相手の覚悟を引き出したり、

背中を押すことも必要です。

この営業力がないと苦労します。

商品と営業は車の両輪のようなものです。

片方だけ優秀でも、

片方がなければ上手くいきません。

③より多くの人の興味を引く発信力

商品力と営業力があることでビジネスは回るようになりますが、

それだけではなかなかうなくいくようにはなりません。

ものすごく美味しいラーメン屋があっても、

どこにあるかわからなければ、

お客さんは現れません。

自分が誰のどんな悩みを解決できる存在か?

を明確に発信しなくてはいけません。

その時、相手が思わず

「欲しい!!」

と思ってしまうよう、

いかに相手のニーズに向けて

発信していけるかが大切になります。

人の心理を学ぶことと、

そのこころに響かせる

ライティング能力を磨くことが重要です。

商品力だけでなく、

営業力、発信力を含めたこの3点を揃えることで

普通の人でも稼げるようになっていくのです。

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です