「何のために生きるのか」人生の目的の見つけ方。すごくシンプルなたった一つの方法。

大人の学校

先日、

「自分の人生の目的がわからない」

という40代の人が相談に来ました。

その人はこれまで

普通にサラリーマンとして働いてきて、

今の会社の中で

「思いっきり働けばそれでいい」

そう思って生きてきたそうです。

 

しかしある時、

「あなたの人生の目的は?」

と聞かれて

答えられなかったことがきっかけで

自分の人生の目的を

探すようになったそうです。

 

それからいろんなセミナーに行き、

いろんなワークに取り組み、

いろんな人と話をしたそうですが、

「まだ自分の人生の目的が見つからない」

と悩んでいました。

 

このブログを読んでいる人の中にも

同じような思いを持った方が

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回はそんな人に向けて、

人生の目的を見つけるための方法を

お伝えします。

 

 

自分の人生の目的とは?

「自分は何のために生きるのか?」

ということです。

ちなみに私の人生の目的は、

日本人が日本人としての誇りを抱き、

大人がキラキラ生きている社会を作る。

 

そしてそんな大人の姿を見て

子供達は早く大人になりたいと思う。

 

こんな日本を作ることが

私の人生の目的であり、

私はここに向けて今生きています。

 

「日本の教育を変える」

これが私のミッションです。

 

では私がどうやって

人生の目的に気づいたのか、

その方法今日はお伝えします。

 

 

どうやって人生の目的に気づくの?

自分の人生の目的に気づく方法は、

「やりたい」

と思ったことをやることです。

以上。

 

 

「、、、それだけ!?」

と思われるかもしれません。

しかしこれが大切なのです。

 

いかに多くの人が

「やりたい」と思ったことを

やっていないか。

 

やりたいことを

「やりたいまま」

にしているから、絵に描いた餅が

本当に自分が望んだものか

わからないままなのです。

 

相談に来た男性も

やりたいことや、

理想の状態を書き出すワークは

やっていました。

 

けど人生の目的が見つからないのは、

書き出しただけで

「やっていない」

からです。

 

 

なぜやりたいことをやるのが大切なの?

やりたいと思ったことをやってみる。

 

するといろんなことに気づきます。

 

「やりたいと思っていたはずなのに

やっても面白くなかった。」

 

「同じ好きなことのはずなのに、

面白い時と面白くない時とある。」

 

こういった経験はありませんか?

 

この時に

「なぜ面白くなかったのか?」

「その違いは何なのか?」

ここに向き合い、

その真相を探っていくことが

自分自身を理解することになるのです。

 

そして自分自身を理解していくと、

 

「これこそ俺の望んでいたことだ!」

「ただの思い込みだっんだ、、、」

「他人の価値観の刷り込みだったみたい」

 

など、いろんなことに気づいていきます。

 

そしてその中で、

本当の本当に自分が

心から望んでいることに気づいて、

自然と続けたくなることを見つけ、

それをやり続けていていくことが

自分の人生の目的を

見つけることになるのです。

 

いきなり自分の人生の目的が

わかっている人はいません。

 

だからこそ

やりたいことを実践し、

そこで感じたことを振り返り、

また次の行動に移っていく、

この繰り返しが大切なのです。

 

世間には頭の中だけで考えて、

答えを出そうとしている人が多すぎます。

 

頭の中で考えているだけでは、

本当の答えにはたどり着きません。

 

 

人は人生の目的を見つけるセンサーを持っている

人生の目的を見つけるセンサー、

それは「心」です。

 

自分がすべきことをしている時、

心は「ワクワク」するようになっています。

 

学校で勉強している時、

人によって好きな科目が

違いませんでしたか?

 

それはその人しか持っていない

感性(センサー)が働いているからです。

 

でなければみんな同じ科目を

楽しいと思うはずだし、

同じ人を好きになるはずです。

 

けどそういったことが起こらないのは、

一人一人が違う使命を持って

生まれてきていて、

それを実現するためにすべきことが

一人一人違うからです。

 

そして好きな科目を勉強している時、

純粋に「楽しい」と

感じたことはないですか?

 

それはその人がすべきことを

やりたくなるように、

行動しやすくなるように

人が設計されているからです。

 

やりたいこと、

やりたくないこと、

どちらのが行動しやすいか、

聞かなくてもわかりますよね?

 

そのセンサーを信じて

行動していくことが

人生の目的を見つける方法です。

 

そしてその時見つけた人生の目的も、

時間がたったり、

いろんなことを経験することで

変わっていくものだと思います。

 

人生の目的は死ぬ時まで

わからないものだと僕は思います。

 

だから、

目的を見つけることに固執しなくても

いいと思います。

 

僕も自分自身の目的が変わる可能性は

あると思っています。

 

しかし、

センサーが反応する方向に進む限り、

そこには楽しさや幸せが伴います。

 

それに従っていきていけば

自然と幸せな人生が待っています。

 

どうせ生きるなら

イヤイヤ働くよりも、

やりたいことをやって、

ワクワク人生を楽しみながら

目的を見つける生き方を

したくないですか?

 

あとは勇気を持って

行動するだけです。

 

生きる意志がある限り、

お金がなくなっても、

周りから指をさされても、

簡単には死にませんので。

 

自分で自分を幸せにしながら生きれば、

自然と生きる目的は見えてきますよ。

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です