「原価5円のヒモが5000円で売れる」付加価値をつける方法

「商品がなかなか売れない」
「契約が決まらない」
「利益率が低い商売をしている」

こんな悩みはないですか?

 

これを抜け出す方法が、

商品に付加価値をつけることです。

 

いかにして僕が商品に付加価値をつけてきたか、

一つの例を取り上げて今回はご紹介します。

 

利益率99.9%の商売がなぜできたのか

その秘訣を紹介させていただきます。

 

5円のヒモが5000円に?

これは何の話かと言うと、

僕がヒッチハイクで日本一周している時に、

旅の資金を稼ぐためにしていた話です。

 

所持金ゼロで旅をスタートしたはいいものの、

日本一周するためには

北海道と沖縄に行く必要がありました。

 

海を渡るには

フェリーか飛行機に乗る必要があります。

 

その交通費を捻出するために、

思いついたのがこの作戦です。

 

初日にドライバーさんに恵んでもらったお金で

ヒモを買いました。

 

その紐を編んでミサンガを作って、

乗せてくれたドライバーさんに

売ってみることにしました。

 

特に値段を決めていませんでしたが、

安くて500円、

平均で1000円、

高い方で5000円のお金を

払ってくれました。

 

全員ではないですが、

6-7割くらいの方が買ってくれ、

合計で48000円ほどの売上になりました。

 

なぜ、原価の1000倍の値段で売れたのか?

ヒッチハイクで乗せてもらった上に、

ミサンガまで買ってもらう。

 

ちょっと図々しく感じませんか?

 

普通に考えたら、

場所の移動と、商品の購入、

2回もお世話になるわけですから、、、

 

しかし、

これをする上で、

ある職業を参考にしました。

 

それが、、、

 

キャバクラです。

 

 

普通の居酒屋よりも高い値段で、

お酒を提供しても

喜んでお金を払ってもらえる。。。

 

なぜかそれができるのか?

 

それを考えた時に、

お客さんの話を聞いて

お客さんを喜ばせているからだ、

と僕は考えました。

 

世の中には話をしたい人、

認められたい人、

褒められたい人がたくさんいますが、

話を聞いてくれる人、

心から褒めてくれる人が

とても少ないのが現状です。

 

みんな話を聞いて欲しくて、

わかってほしくて、

聞いてくれる人を求めている。

 

「だったら自分がその存在になればいい」

そう思い、

ドライバーさんの話をしっかり聞いて、

喜んでもらう!と決めました。

 

その結果、

原価5円のミサンガが

5000円で売れたのです。

 

売っている商品はミサンガに見えますが、

お客さんがお金を払ったのは

「話を聴く」というサービス

に対してでした。

 

相手の心に貯金すると付加価値が上がる

原価よりも高い値段で

商品を買ってもらうには、

商品自体の品質も大切ですが、

「サービス」という形で

心を掴む付加価値の乗せ方ができると、

この経験から学びました。

 

 

ヒッチハイク中は

相手の心に貯金するつもりで、

相手を喜ばせることに集中して

話を聞いていました。

 

その結果、

相手の心に貯金したお金を

ミサンガの代金という形で

引き出すことができたのだと

僕は思っています。

 

普段自分が何かを得ること(take)

ばかり気にしていませんか?

 

それよりも、相手に与えること(give)

を意識して過ごすことが大切です。

 

相手に与えることが自然になってくると、

相手の心に貯金が積み上がって、

いつでもそれが引き出せるようになります。

 

それが契約や、

単価アップという形になって

現れるのです。

 

是非普段から相手の心に貯金する、

という感覚を大切に

過ごしてみてください。

 

これ以外にも付加価値を高めるために

大切なことがありますので、

よろしければこちらの記事もご参考ください。

「15分話しただけで価値が1000倍になる」付加価値を高める方法

 

いいものがいいものとして

受け取ってもらえるように、

きちんと価値を高めていきましょう!

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です