【意外と知らない退職金!】いつどうやってもらえるの?

「退職金、最後の給料と同じタイミングでもらえると思っていませんか?」

「受け取る時は一括でもらえると思っていませんか?」

もしそうだと思っていたら

この記事を読んでみてください。

 

僕自身、退職金は来てもらえると思っていたし、

退職してすぐにもらえるのかなと思っていました。

 

しかし実際辞めてみると違うのです。

 

退職金制度があるということはわかっていても、

実際使ってみるまでどんな風になっているか

分からないものですよね。

 

今回は僕が退職金を受け取った経験から、

びっくりしたり、勉強になったことを

この記事でお伝えさせていただきます。

 

この記事をきっかけに、

会社の退職金制度について

調べてみてもらえたら嬉しく思います。

 

 

退職金はいくらもらえるのか?

会社の社内規定で

退職金の計算の仕方が決まって居ます。

 

勤続年数 × 役職 × 基準金額 = 退職金

 

ざっくりこのような形です。

 

僕の場合は6年5ヶ月勤めて、

貰えた退職金は513,800円でした。

 

世間一般から見たら比較的良い方だと思います。

(感謝しています。)

 

しかしこのお金がいつ、

どうやってもらえるかがポイントです。

 

※貰い方についてはまた後ほどお伝えします。

 

 

計算式はどこで調べるの?

僕の会社の場合は、

社内のシステムに入っていって

「社内規定」を見る形で調べられました。

 

「社内規定」は文字ばっかりで、

正直どこにどんな情報が載っているのか

非常に分かりにくかったので、

調べるのに一苦労しました。。。

 

僕は自力で調べましたが、

おそらく人事部の方に質問しても

教えてもらえると思います。

 

 

退職金はいつもらえるの?

僕の場合は

「9月」「12月」2回に分けて振り込まれました

 

一括で振り込まれると思っていた僕にとっては

びっくりでした。

 

1回目は9月の給料日と同じタイミングに、

23万円が振り込まれました。

 

こちらは何もしなくても

自動的に振り込まれたのですが、

残りの28万円についてはないと

振り込まれないタイプの退職金でした。

 

2回目の退職金は、

企業年金と呼ばれるタイプのもので

運用先の保険会社から振り込まれました。

 

退職すると離職票というものが届くのですが、

その離職票を持って保険会社に連絡して、

必要書類に記載して提出して

退職金を受け取るという形を取りました。

 

面倒くさがり屋の僕としては、

この作業がとても億劫だったので、

受け取りが遅くなりました。

 

 

退職金にも税金がかかる?

退職金は退職所得というものに当たります。

 

退職所得の計算方法

(収入金額(源泉徴収される前の金額)-退職所得控除額)×1/2=退職所得の金額

となります。

 

退職金が退職所得の控除額を上回っているかが、

課税されるかどうかの鍵となります。

 

 

退職所得の控除額の計算方法は?

勤続年数が20年以下20年超かによって変わります。

 

勤続年数20年以下の場合

40万円×勤続年数
(80万円に満たない場合は80万円)

 

勤続年数20年超の場合

800万円+70万円×(勤続年数-20年)

このような形で計算します。

 

ちなみに僕の場合ですと、

勤続年数7年で計算します。(端数は切り上げのため)

 

40万円×7年=280万円

 

退職金が280万円を超えない限り、

税金はかかりません。

 

僕の場合51万円だったので、かすりもしませんね。笑

 

ということで、

今回は退職金の話をさせていただきました。

 

知ってるようで意外と知らない

内容だったのではないでしょうか。

 

これをきっかけに自分の退職金について

調べてみるきっかけになったら嬉しいです。

 

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です