「なかなか成果がでない、、、」うまくいかない起業家の特徴

「色々学んでいるのに成果がなかなか出ない」
「学びたいことが次から次に出てくる」
「いい話が次から次に出てきて迷う」

こんな経験をしていないでしょうか?

起業の道を進もうとすると、
美味しい話し合や儲かる話、
嬉しい話や、夢のある話など、
いろんな目移りしてしまうような話が入ってきます。

ビジネス初心者の人達を狙ったビジネスの話はたくさんありますし、それを中途半端な気持ちで始めてうまくいかなくて苦しんでいる人たちもたくさんいます。

そんな起業家にならないために、大切なポイントをこの記事ではお伝えします。

「なにを選んだらいいのかわからない」起業家が最初に直面するいい話のワナ

今の現状を変えよう、自分でビジネスを始めよう、起業しよう。

こうやって新しいことを決断すると、それに伴っていいもの悪いもの含め、いろんな話が集まってきます。

こんなにいいの?と思わせてくれるくらいよくしてくれる人が現れたり、
「年利で100%も夢じゃありません」というFXや暗号通貨の投資商品の話が来たり、
「誰でも簡単に月収30万円」というようなネットビジネスの話が来たり、、、

知識や経験がないと、何が本当に美味しい話で、何が危ない話なのかの見分けがつきません。

だからこそ僕自身もたくさん迷いましたし、いろんな失敗をしてたくさん損もしました。

しかしこれは損をしてみないと、なかなか見分けがつきません。

ウラのあるおいしい話に引っかからないためにはどうしたらいい??

損得勘定ではなく、「好き嫌い」「ワクワクする、しない」の感情で選ぶのがポイントです。

こういったうまい話に引っかかってしまう時の傾向として、自分の中にある怠け心や、損得勘定と紐付いて判断した時におこります。

損得の感情で取り組んでいると、本気になれなかったり、やりたくない気持ちが湧いてきたり、やらされ感で取り組むことになったりして、エネルギーが乗りません。

そしてそのエネルギーのない状態で取り組んだことは、成果が出なかったり、エネルギーの低い人たちを引き寄せたりして、最終的に自分とってマイナスな方向に進んで行くことになってしまいます。

だからこそ自分のエネルギーが上がるような、本気になれるようなもう選ぶことが大切なんです。

好き嫌いの判断基準はどうしたらわかるの?

お金がもらえなくても、むしろお金を払ってでも、やりたいと思うかどうかです。

お金がもらえる、楽して儲かる、こういったことは魅力的ですし、お金や成功が手に入ると思うとワクワクします。

しかしその損得によるわくわくではなく、取り組むこと自体に対して興味が湧いているかどうか、扱う商品自体にワクワクするかどうかが大切です。

ビジネスで成功して行こうと思った時や、今の自分を変えていこうと思った時に大切なのは、楽をすることではなく、心に汗をかきながらできるかどうかです。

心に汗をかきながらというのは、本気で取り組んでいるかどうかという意味です。

美味しい話が来たとしても、それを本気で楽しんで、一生懸命やれば成果が出ます。

その話がなくなったとしても、そこで出した成果や、身についた実力はあなたのものです。

そうやって自分の中に能力や経験としての資産を築いていくことが大切です。

 

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です