面談一回、わずか90分で100万円以上の契約を取る営業マンのマインドセット

「少ない面談回数で契約を決めたい」
「高単価の商品を売りたい」
「契約がバンバン決めれるようになりたい」

こんな方は是非読んでみてください。

コンサルフィー1時間400万円以上の師匠から学んだ

営業する上で最も大切なマインドセットについて

教わったことをご紹介します。

 

契約を取る上で最も大切なポイントは自信があること

自分の売る商品や、

自分自身に自信がある状態だと、

成約率は圧倒的に上がります

 

契約の時に意識するだけで

僕自身成約率があがりましたし、

 

営業以外のところでも、

先日友人の選挙の手伝いで

ビラ配りをしている時にも体験することがありました。

「申し訳ない」「迷惑かな」という

ネガティブな気持ちで、配っている時は

なかなかビラを受け取ってもらえません。

 

しかし、

「明日の選挙のために絶対に読んどいた方がいい」

「この人の人生にとって絶対プラスだ」

「受け取らなかった人はセンス悪い」

と、自分を肯定して、

間違いなく相手のためになると信じて

ビラを配っていると、

受け取ってもらえる確率が飛躍的に上がりました。

 

それと同時に、

人のためになると思うとワクワクして

行動量も増え、接触する人数自体も増えます。

 

自信がない状態だと行動は鈍くなりやすく、

自信がある状態だと行動は早く多くなります。

 

 

いかにして自信を高めるか?4つの方法

 

①自分との約束を守る

自分に対しての信頼感を深めるために、

とても重要なのが 、自尊心です。

 

自分との約束を守ることで

自分に対しての信頼感や誇らしさが増します。

 

逆に、他人との約束を優先して、

自分で決めた約束を破ってしまうと、

自尊心を損ないます。

 

「今日は勉強する」

と自分で決めたのに

久しぶりに友達から連絡が来て

「今日久しぶりに東京から地元に

帰ってきてるから飯でも行こうよ」

と言われると、友達からの誘いを優先して

自分との約束を破ってしまった、

という経験はないでしょうか。

 

この時自分との約束を守れなかったことを、

自分が一番よく知っていて、

自分のことを(無意識も含めて)責めてしまって、

罪悪感に駆られた経験はないでしょうか?

 

これが自分との約束を

守ること、破ることの威力なのです。

 

自分で自分との約束を破ると

自分に対する信頼感や誇らしさを失います。

 

だから自信を持っていられるように

自分との約束を守ることが大切なのです。

 

②自分で自分のことを責めるのをやめる

先ほどの①の内容と

少し重なるところがありますが、

自分で自分のことを責めると、

自分への信頼感や誇らしさを損なうことになります。

 

その結果、

自信を持って相手と対峙できなくなります。

 

自分に厳しくして、

自分を鍛えることも大切ですが、

厳しくしすぎて自分を

責めてしまっては逆効果です。

 

自分を責めるのではなく、

ありのままの自分を受け入れて、

自分を許すことが本当の心の強さを得ることに繋がります。

 

もし自分のことを許してない部分があるのであれば、

「私は🌑🌑(責めている部分)な自分を許します」

と唱えてみましょう。

 

できてる自分に○をつけるし、

(自分との約束を守った自分)

 

できてない自分にも○をつける。

(自分との約束を守れなかった自分)

 

こうやって自分にどれだけの○をつけていたかで、

自分への信頼感が変わるのです。

 

 

③今していることについての意味づけ、捉え方を変える

人は全てのものに無意識に意味づけをしています。

それを書き換えることで、

出てくる成果に大きな変化をもたらすことができます。

 

例えばビラ配りのことについて言うと、

ビラ配り=嫌がられること

荷物(迷惑)になるものを渡している

 

と捉えるのか、

 

生活を良くするためのチャンスを渡している、

最高に魅力的な人との

縁を作るチャンスを提供している

 

こう捉えるのかで、

行動のが大きく変わってきます。

いかに自分の心が前向きになる捉え方ができるかが大切です。

 

④マインドセットする

何事においてもそうですが、

実は始まる前にもうほぼ100%結果は決まっています

自分自身がどんな気持ちで臨むか、

どう終えると決めているか。

 

ここに尽きます。

 

今日はどういう感情で、

この予定を終えるのか。

 

その感情はどんな状態になったら

湧いてくるのか。

 

その状態を作るために、

どんな流れで話をするのか。

 

これはあらかじめ決めて、

自分の頭の中でイメージトレーニングをして、

本番に臨むということが大切です。

 

脳みそは現実と想像の区別がつきません。

 

可能な限り鮮明に、イメージしたものは

すぐにやったことがあることだと、

脳さ錯覚し、創造したことを現実に

起こせるのです。

 

だからトップアスリートは試合前の

イメージトレーニングを大切にするのです。

 

事前にきちんとマインドセットしておくことで、

自信に満ちた状態でアポイントに臨めるのです。

 

これら四つのことを意識して、

アポイントに臨むだけで、

成約率が圧倒的にアップします。

 

ぜひ騙されたと思って試してみてください。

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です