「あんた騙されてるわよ」なぜ親は自己投資に反対するのか?

自分が成長したくて、
自分なりに覚悟を決めて
何十万円もする自己投資や、
勉強会に参加すると決めたのに、
それを知った親が反対してきた経験はありませんか?

高額な自己投資の話にほとんどの親が反対します。

僕自身も反対されてきました。

これはなぜなのでしょうか?

今日はその理由と解決方法を、
時代背景や考え方とともにお伝えします。

生きてきた時代背景

僕たち20代から30代の親世代は、

昭和30~40年代に生まれています。

高度経済成長期や、

バブル期を経験してきており、

大量生産大量消費の時代に価値観が形成されています。

 

無形のものよりも有形のものに価値を見出す傾向にあります。

(自営業や経営者という形で、

自らビジネスをしている人は

ここに属さない場合も多々あります)

一度就職したら、最後まで勤め上げる

終身雇用が当たり前の時代に就職しており、

それが当然の価値観として頭にあります。

だから転職を考えてスキルアップしたり、

自分で稼ぐ力をつける副業することよりも、

会社のために尽くすことが大切だ、

という価値観を持っている人が多くいます。

 

学校以外のところで、

自らお金を出して学ぶということを

していない人がほとんどですので、

勉強のためにお金を使うことに

あまり慣れていません。

 

お金の使い道は、

専ら消費や浪費が高い傾向にあります。

(これはバブル期を過ごしてきて、

投資で痛い目を見ている人たちを見たことによる、

投資への恐怖感もあると思います)

 

 

お金の貯め方

貯金が一番だと思っていて、

アグレッシブに投資をしている人は少数派です。

 

過去高度経済成長期や、

バブル期を経験してきている親世代や、

さらにその上の祖父母世代は、

今とは違う金利で銀行にお金を預けることができました。

 

ゆうちょの定期預金で

年利7%があった時代です。

 

親自身が年利7%を経験していたり、

祖父母世代がその金利を経験していたりするので、

貯金や定期預金に預けることが、

お金を増やす方法だと感覚的に思っている人が多々います。

 

 

お金の使い方

見えないものよりも、見るものに使いたがる。

教育や自己投資よりも、

家や車など、見えるものを好む傾向にあります。

 

また教育ひとつとっても、

「心の充実感」や「目標達成の技術」と

いったものよりも、

「資格」「肩書き」

といったものを好む傾向にあります。

 

基本的にお金の捉え方は

「収入」と「支出」と「貯蓄」、

という3点です。

 

支出に関しては

「消費」「投資」「浪費」という観点は

あまりありません。

 

なので投資よりも貯蓄を好む傾向にあります。

 

 

親はなぜ自己投資に反対するのか?

まずベースにあるのは、

親は子供のことを愛しているからこそ、

心配であるということです。

 

心配だから子供の決めた事に介入してきます。

その愛情に感謝した上で、

親の価値観を理解しなくてはいけません。

 

①自己投資をしてきた経験がないから価値が分からない

自己投資をしなくても、

お金を稼ぐことができた時代を生きてきているし、

会社の外で自ら学ぶことが

一般的ではない環境で生きてこれたので、

あえて自己投資をしなくてはいけない

理由が分かりません。

自己投資をしなくても、

幸せな(?)家庭が築けた経験を持っているし、

「子供にも同じ道を歩ませたい」

と思っている人がほとんどです。

だから自己投資をしなくても良い、

する必要がないと主張します。

 

 

②子供をまだ未熟な存在だと思っている

子供一人の人として尊重できていないがために、

世間知らずで、判断力がないと思っています。

だから自分が守ってやらないといけない、

そんな気持ちで子供の決めたことに

介入するのです。

少し子供離れができていない、

ということも言えるかもしれません。

 

 

③自分が詐欺にあったり、無価値なものをつかまされた経験を持っている

自分が苦しんだ経験を持っていることで、

子供にはそれを味あわせたくないと思い

反対するパターンもあります。

 

親世代はネットワークビジネス最盛期や、

バブルの崩壊を経験してきています。

 

自らも高いお金を払って

ネットワークビジネスをやってみたけど

うまくいかなかった経験があったり、

株や不動産で大損した経験があったりすることで、

高額な投資に否定的な見方をするパターンもあります。

 

 

そんな親をどう説得したらいいのか?

①きちんと信頼関係を築きなおす。

基本的に親から反対される場合、

コミュニケーションがきちんと

取れていない時に発生します。

 

親とのコミュニケーションが取れていないから、

子供のことが分からないので信頼できません。

だから素直に応援できなくて、

反対するのです。

 

これを解決するためのポイントは、
親を理解することと、
親から理解されること、
この二つを真剣に取り組んでいくことです。

・きちんと親の話、親の価値観、親の思いを聞くこと

相手の思いをきちんと聞き切った上で、

・自分の今の思い、自分の価値観、自分の理想について隠さずに正直に伝えること

これがまず一つ目のポイントです。

 

②「諦めない」というメッセージを、言葉ではなく行動で見せることです。

どれだけ言葉でメッセージを発信したとしても、

それだけでは伝わりません。

 

きちんと行動で思いを表しましょう

毎日親に連絡を入れる。
交換日記をする。
約束をきちんと守る。
親の生きてきた人生や価値観を聞く。

こういったことを繰り返していくことで、

自分の本気度を伝えましょう。

正直大変ですが、

大変だからこそ意味があります。

 

こうやって身近な存在を説得することは本当に大変です。

嘘をついても見抜かれます。

だからこそ自分を成長させるいい機会だと思って、

真剣に取り組んでみましょう。

 

どんなセミナーに通うよりも、

価値のある学びのある時間になるはずです。

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です