やりたいことがやれない、続けられない理由

 

「行動力をもっとつけたい」

「動くまでが遅い」

「自分で決めたことを続けられなくて自分を責めるのをやめたい」

こんな思いはないでしょうか?

今回は僕自身も苦しんできた

ことであり、

乗り越えてきたことなので

この記事で共有します。

なぜ行動できない、続けられないのか

本当の意味ではやりたいと思っていないから。

やりたい理由には二種類会って、

頭でやりたいことと

心からやりたいことがあります。

頭でやりたいことというのは、

「自分ではない誰かの価値観」

「やりたいと思い込んでいること」

「損得計算して、した方がいいとわかっていること」

をいいます。

例えば

「お金持ちになりたい」

と思っているけど、

稼ぐための行動はできないこと

ありませんか?

これは心からやりたいことではなく、

頭で考えてしまっているから

行動できないのです。

逆に心からやりたいことというのは

「ワクワクすること」

「小さい時から好きだったこと」

「損得抜きにやりたいこと」

などが挙げられます。

例えば

「ゲームをする」

というのは、特に何も生み出していないし

稼ぎとか、地位とか名誉とかには

なんら影響しないけど

やりたくなってしまったりしませんか?

これが心からやりたいことです。

心からやりたいことなら続けられる

「心からやりたい感情=エネルギー」です。

車でいうならガソリンです。

ガソリンが切れなければ

薬が走り続けられるように、

ワクワクが途切れなければ、

人も行動し続けられるのです。

心からやりたいことをやっている状態というのは、

常に給油しながら車を走らせているようなものです。

だからこそソフトバンクの孫さんや

京セラの稲盛さんは一日中仕事をしているのに

また次の日もモーレツに仕事に打ち込めるのです。

行動できるようになるために何をしたらいいのか?

ポイントは「楽しむ」ことです。

初動をはやくしたり、

継続し続けるために、

「楽しむ」ことが不可欠です。

楽しむために大切な2つのポイントを

紹介します。

①「やりたいことを徹底して追求する」

楽しむために大切なのは、

自分がワクワクすることに

時間を作り、実践することです。

自分の好きなことだと

いくらでも時間をかけたくなってしまうこと

ありませんか?

僕は昔24時間対抗でゲームをやったことがありますが、

眠くはありましたが、

純粋に楽しくて損得抜きに時間を

費やしてしまったり、

ヒッチハイクで日本1周した時も、

磯遊びが楽しすぎて、

夏の暑い日に、

誰もいない海岸で

一人で3時間遊び続けました。

ヒッチハイク旅にとって

損得だけを考えると

3時間も一人で過ごしてしまうのは

時間のロスでしかなくて、

非常にもったいないのですが、

それでも行動してしまうのが

やりたいことが持つ

「ワクワク」のパワーです。

②「楽しんでやれる環境を整える」

これは好きなことじゃなくても、

仲のいい仲間が一緒にいれば

楽しくなるからやれる、

という話です。

学校のトイレ掃除が好きな人は

いないと思います。

しかし、仲のいい友達と一緒だったら

楽しくやれそうな感じしませんか?

僕は、嫌いな人と好きなゲームをするより、

好きな人とトイレ掃除する方が楽しい、

と思っています。

だからこそ仲間の威力は大きいし、

環境を整えることが大切なのです💡

「やりたいことを徹底して追求すること」

「楽しんでやれる環境を整える」

この両方が整っていると

どんどん行動できるように

なっていきます。

ぜひ共にアクションして

どんどん進んでいくことの楽しさを味わいつつ

人生を望んだ方向に進めていきましょう!

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です