「大物相手にビビらない」緊張せずに実力を発揮する方法

樋口会長

「偉い人が出てくると緊張する」

「憧れの人がいても声がかけられない」

「芸能人を見かけたけど声かけるチャンス逃した」

こんな経験はないでしょうか?

しかし、せっかくチャンスがあったなら

その機会、掴みたいですよね。

頭ではわかっていても

なかなか行動できない。

それは心の状態に問題があるからなんです。

今回の記事では

「緊張して声がかけられない」

という方が、

「チャンスが来たら全部行く!!」

というスタンスになれるような

記事になっています。

なぜ緊張してしまうのか?

大物や芸能人を見かけた時、

「すごい!!」

「ラッキー!!」

「チャンス!!」

と思うと同時に、

声をかけようとすると

緊張してしまって、

恐れ多くて声がかけられない、、。

こんな経験ありませんか?

原因は自分に自信がないことと、

「相手に嫌われたくない」という気持ちを

持っていることにあります。

緊張しないようにするにはどうしたらいいか?

今の自分と相手を比較しない。

「釣り合わない」

という感覚があると、

相手に声をかけづらくなります。

どうしても比較したくなった場合は、

将来の自分と相手を比較しましょう。

今の自分は無名なサラリーマンかもしれません。

しかし、

60歳になった時には、

「今とは全然違う社長になっている。」

「年商100億円企業のトップ」

などという未来が描けた時、

相手への緊張が、

無意味なものだと気づくはずです。

自信をつけ緊張をほぐす

未来を描くのは、

自分に自信を持つためです。

自分に自信を持つために、

ぜひ覚えておいていただきたいのが

成長曲線の話です。

「成長は直線ではなく、曲線を描く」

というシンプルなものです。

が、

これは本当に重要なことです。

今の自分の小さな成長が、

未来の自分を大きく飛躍させる。

今は小さくても、

毎日コツコツ続けることで、

とてつもない成果が出ます。

それを信じることで、

自分にも自信が湧いてきます。

 

これから緊張するのを防ぐために今できること

自分の成長率をあげる。

自己投資に充てる時間を意識的にとってください。

将来のことを考えた時、

描いた時にどれだけ大きい自分を

想像できるかは、

普段の自分の成長に対しての

取り組み方が大きく出ます。

学ぶこと、

実践すること、

教えること

この三つをぜひ意識してやってみてください。

学ぶことは

・セミナー

・読書

・コーチ、コンサルをつける

などいろんな方法があります。

そして、学びを実践します。

学びは知っているだけでは意味がありません。

学びを人の役に立てて初めて意味を成しますし、

実践することで自分の身になり、

経験になり、できるようになります。

「知ってる」と「できる」には

大きな隔たりがあります。

知ってるだけで実践しない「頭でっかち」

ではなく「知ってることをきちんとやる」

という実践者になって行くことが

自分の人生を豊かにして生きます。

そして自分ができるようになったならば、

学びを人に、次の世代に伝える存在に

なって行って、自分の影響力を

増して生きましょう。

それが自分の人生の

成長率を大きくするキーポイントです。

ぜひともに実践して、

影響力を身につけ、

上のステージにいる存在に

緊張せず、ありのままの自分で、

素直に自分の魅力や価値を

伝えられる存在になってください。

大物の力を借りて、

夢やビジョンをどんどん形にして行ける

自分になっていきましょう。

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です