「オファー・プレゼンで緊張する!」自然に集客するために注力すべきたった一つのこと

「イベントに誘うのに緊張する」

「嫌がられたらどうしようと不安になる」

「なんか誘う時にしどろもどろになっちゃう」

 

こんな経験はありませんか?

 

イベントやゼミナーに誘ったり、

人に紹介したりしたいのに、

なんでかうまく誘えない。

 

声をかけても

なかなかイベントに来てもらえない。

 

その理由はなぜなのか?

 

その原因とお客さんを

集客できるポイント

今回は記事にまとめました。

 

なぜお客さんは来てくれなかったのか?

誘われた時に

「魅力を感じなかったから」

というのが一番の理由です。

 

どれだけ価値のあるイベントでも、

すごい人がくるイベントでも、

その人に魅力が伝わらないと

参加したい気持ちにはなりません。

 

魅力をきちんと伝えるには

抑えておくべき2つのポイントがあります。

 

 

集客するのに大切な魅力を伝える2つのポイント

人間は二種類のタイプに分けられます。

 

一つは右脳型の人。

もう一つは左脳型の人です。

 

右脳型の人は

感性やイメージを大切にする傾向にあります。

 

左脳型の人は

ロジックや数字を好む傾向にあります。

 

お客さんにも二種類のタイプがいるので

そのどちらにも伝わるようにするのが

集客成功の秘訣です。

 

 

①話している時のエネルギーが高いこと

右脳型の傾向が強い方は

損得などよりも

誘っている人の

エネルギーが高いかどうか

でその会を魅力を判断します。

 

どれだけすごい会でも、

淡々と説明されてしまっては響かないですし、

しどろもどろで説明されたら

もってのほかです。。。

 

だからまず、その会の魅力を

自分自身が味わい、

熱量をあげて伝えれるように意識しましょう。

 

 

②誘われた会に参加した時のメリットを感じること

左脳型の傾向が強い人は

参加した時に得られるメリット、

損得で魅力を判断します。

 

どれだけエネルギー高く説明されても

そのイベントを具体的に説明できず、

参加することで得られるものが

イメージできなければ

参加したい気持ちになりません

 

だから勢いだけで押し切らず、

具体的に価値を伝えられること

大切なのです。

 

 

魅力を伝えるために注力すべきたった一つのこと

これまで2つのポイントを

お伝えしましたが、

それを同時に解決する方法があります。

 

 

それは

自分の商品の強みを分析して、

 

「その強みがどんな悩みを

持っている人の役に立つのか?」

 

をイメージできていること

成功のポイントです。

 

きちんと自分で誰の役に立つか?

どんな悩みを解決できるか?

参加したらどんなものが得られるか?

のロジックが説明できれば、

左脳型の人にも安心して説明いできるし、

喜んで参加してもらえます。

 

また、イベントの価値を認識していれば、

相手の話を聞いて、

「この人の悩みに自分のイベントが

役に立ちそうだ!!」

「参加したら喜んでもらえるぞ!!」

とわかったら

なんだかワクワクしますよね?

 

そのワクワク感を味わうことで

自分のエネルギーを

上げることができるのです。

 

 

きちんと強みを分析することで

感情的にも、

論理的にも

相手にアプローチできるようになり、

より多くの相手に情報が、

価値が伝わるようになるのです。

 

ぜひ実践して、

多くの人に喜んでもらえるのを

実感してみてください。

 

講演会などのイベント情報や幸せに生きるのに大切なことを配信中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です